ルミガンで出来るしみとせんねん灸について

ルミガンはまつげの育毛に効果が期待できる物として利用している人もいます。
しかし長期的に利用すれば確かに効果は期待できますが、その薬剤や肌に付着してしまうと色素沈着を起こしてしまう可能性も否定できません。
メラニン色素によってしみができてしまうこともあり、目の周りに黒っぽいしみができてしまう事は出来るだけ避けたいと思う人もいるでしょう。

重要な事は、ルミガンを利用する時は、効果を必要とする部位以外には出来るだけ付着させないという事です。
もう一つは副作用としてかゆみが出る場合がありますが、決して目をこすってはいけないという事になります。
これらを守ればかなり目の周りに出来てしまうしみを防ぐ事が期待できるでしょう。

ただ、ルミガン利用によって出来てしまったしみがある場合はどうすれば良いでしょうか。
しみ取り効果が期待できる化粧品などを利用する方法もありますが、それ以外では血行を良くするというのも効果が期待できる方法です。
人間の体には多数のツボがあり、そこを刺激する事で体調を良くする効果が期待できます。
また美容に関しても効果が期待できるツボもあり、そこを刺激する事でしみやそばかすを薄くする事も不可能ではありません。
例えば親指と人差し指の間にある合谷、内くるぶしの指4本分上にある三陰交などがそれです。
手を使って刺激を与える方法もありますが、せんねん灸を使って温めるという方法も良いでしょう。

せんねん灸であれば手軽に利用する事が出来るだけでなく、体感温度も様々です。
初めての人でも簡単に利用する事が出来るので、しみに効果が期待できるツボを刺激してみたいと思ったら、自宅で手軽に利用できるせんねん灸の利用も選択肢の一つです。